むぎちゃんのカブログ

会社員をやりながら、兼業で株をしています。兼業でやりながら億を稼ぐのが夢です。日々の売買や自分が考えたことを公開していきます。応援よろしくお願いします。

株の初心者が勝つためには 自分なりの考察②

■トレード手法の解説

さて、ここでは自分のトレードのメイン手法として使っているブレイクトレード

について解説していきます。

 

  • ブレイクトレードとは、一定の水準で推移している株価が何らかのきっかけを伴って上昇トレンド入りする初動を見極め買いでエントリーすること

こうした定義づけをしています。

(うまい人 違っていたらすいません。。。)

 

f:id:kabuokuribito:20191014140346p:plain

ブレイク例

 

わかりやすく画像を載せます。

この白い線を陽線で明確に超えたということがポイントになります。

見てわかる通り、ここをブレイクしてから株価がぐんぐん上がっております。

基本的にはこうしたサインを見かけたら、成行で買っていくという方法になります。

 

ただし、ブレイクチャートにはだましもありますし、注意点もあります。

だまされないように僕が気を付けている点が下記になります。

 

  • ブレイク時に出来高が増加していること
  • ブレイクは必ず陽線の実体であること ※ヒゲはダメです
  • ブレイク前の横横が長いほどブレイクしたときに強い
  • できれば月足、週足でもブレイクしていること
  • だましの可能性も視野に入れて全力買いはしないこと

ここに注意してください。

出来高を伴わない陽線は、だましになる可能性があります。

決してだまされないでください!結構これあります。

 

また陰線でブレイクしているチャートもあります。

このまま上昇することもありますが、基本的には触らないようにしてます。

 

月足、週足でブレイクしていると信頼度が高まります。

 

またブレイク前のチャートが横横で、かつ期間が長い、出来高もほとんどない

こんな銘柄であれば余計に力強いチャートになります。

 

そして、ブレイクした後に急に下げてくることがあります。

これはマジで注意です。

だましか初押しかの見極めがかなり重要です。

ブレイクからのエントリーでは、成行買いと初押しでの買いを自分は行って

いますが、これはあんまり見分けがつきません。。。苦笑

ですので、ブレイクしたと思ったらまずは打診買いします。

これは下げても、損失を抑えられるし、上がるときに下でまた買えるからです。

こうしたロット管理・分割売買の重要性は別記事で書きたいと思います。

 

こうしてブレイクトレードのエントリーが決まりました。

さて次はどこで利益確定をするかです。

 

●利益確定ポイントは?

これも初心者にとっては、悩ましいポイントです。

かくいう自分もいまだに試行錯誤しながらです。

 

自分が考えるポイントは下記になります。

 

  • 出来高を伴った大陰線が出たら売り
  • 長い上ヒゲが出たら売り
  • 段階的に売っていく

ちょっとざっくりしてますが、こんな感じです。

株価は上昇し、頂点をつけると一気に下降していきます。

出来高を伴った大陰線が出たり、長い上ヒゲが出たら基本的には手仕舞いしましょう。

出来高を伴うということは、大口機関投資家の利益確定がなされていたり、空売りが入っていたりする可能性があり、これ以上の上昇が見込めないと判断するからです。

 

また段階的に売っていくという手法も重要になります。

利食い千人力』という相場格言がありますが、これはマジでそうです。

含み益の段階では利益になっていません。

当たり前のことですが、確定して初めて儲けになるのです。

ですので、ストップ高をつけたら半分売る、などの分割売買が重要なのです。

人間の欲には際限がありませんので、いつまでも上昇すると考えがちです。

注意しましょう。

 

大相場を作る場合は、ここから押し目を作って再度上昇となるのですが

それはまた別の記事で書きたいと思います。

 

以上が自分のトレードのメイン手法としている考えになります。

これは人によって向き・不向きがあります。

底値買いが向いている人もいます。

上がっていく株を高値掴みする可能性もあります。

このブレイクトレードでは損切が非常に大切なんですが、この損切についても

別記事で書きたいと思います。

 

読んでいただきありがとうございます。

皆様に爆益ありますように。

 

 

 

株の初心者が勝つためには 自分なりの考察①

■株の初心者が勝つためには

この記事では、株を始めて間もない初心者の方がいかにして勝てるようになるか

を書いていきたいと思います。

かつての株を始めたばかりの自分に向けてみたいな記事になってしまうかも

しれませんが、お付き合いください。

 

●まずは自分の適性トレード時間を知ること

まずはこれです。

トレードには、長期投資・中期投資・短期投資と3つの時間軸があります。

  • 長期投資 これは時間軸の長い投資方法です。半年とか1年以上持ってトレードを終える方法ですね。僕が思うにこれが最も優しく勝ちやすい方法だと思います。長い時間をかけて、利益を伸ばしていくためローリスクローリターンな投資方法です。
  • 中期投資 スイングトレードともいわれますね。数週間くらいでトレードを終える方法です。兼業投資家に人気ですね。そこまで日々のトレードに左右されないので手間もあまりかかりません。ミドルリスクミドルリターンな投資方法です。
  • 短期投資 デイトレードに代表される投資です。歴戦の猛者が犇くバトルロワイアルです。かなり難しいです。当然うまくやればリターンは大きいですが、リスクも高いハイリスクハイリターンな投資方法です。

初心者の方が最も勝ちやすいのは、長期投資だと思います。

これは日々の値動きを見る必要がなく、チャートをみて底値で仕込んで

上がってきたところで利確するだけで勝つからです。

なんとも簡単・・・
 
ただし、これには長い時間がかかります。
またリターンもやや少ない傾向にあります。
気長にやればいいやという方はこれをお勧めします。
ただし、僕みたいに早い段階で億り人を目指している方にはお勧めできません。
なぜなら
利益を獲得するのに時間がかかる・・・
元手も少ない・・
早い段階で勝ちたい、儲けたいという方は中期投資、または短期投資です。
 
また株価が気になる、早くトレードしてみたいという方なんかも
じれったくなるので、短い時間軸がいいでしょう。
これも『実際にトレードしてみる』ことで適正がわかるのでまずは
少額でもいいのでやってみましょう!
さてでは短期から中期でやりたいという方には次です。
 

●トレード手法を決める

トレード手法には色々な手法があります。

ファンダメンタル分析テクニカル分析とがありますが、ここでは短期から中期投資を考えているのでファンダメンタル分析は割愛します。

自分も最低限の知識くらいしかないので、あまり語れません。。。

というか短い時間軸で勝っている人はテクニカル分析をメインにしていると思うからです。

以下トレード手法になります。

  • ブレイク   メイン手法としている方法です。これについては後述。
  • 新高値買い  チャートで新高値を更新している銘柄を買う
  • 底値買い   チャートの底値で買って、上がったら売る
  • 押し目買い  上昇チャートの一時的な下げを拾って、上がったら売り
  • リバ取り   何かの影響で著しく下げてしまった銘柄のリバウンド狙い
  • 空売り    買いではなく売りから入って儲ける

まだまだあると思いますが、とりあえずこんなところにしておきます。

さてトレード手法の前に自分が考えるテクニカル分析で最も重要な考え方を書きます。

それは・・・

 

順張り OR 逆張り  

 

どちらがいいかです。

皆様はどちらがいいですか?

自分は迷わず、順張りを選択します。

これは結構大事だと思うのでメモしてください。笑

日本人は逆張りが好きといいます。反対に外国人投資家は順張りのようです。

日本人の個人投資家の約8割が勝てていないという理由にこの選択の重要性が

あるような気がします。

要は、『上昇している銘柄を買う』これにつきます。

下げている銘柄は何らかの理由で下げています。逆張りは確かにリスクが

少なくリターンも多いので魅力的に感じます。

しかし下げている銘柄を買って上げる保証は全くありません。

長期投資の観点でファンダメンタル分析をしっかりしていれば別ですが

短期的にはおすすめできません。

これで勝っている人もいますが、自分には出来ないなあと思います。

ですので初心者の方は、まずは順張りを意識してみてください。

 

ちょっと文章が長くなってしまったので、次の記事でトレード手法について

考察してみます。

読んでいただき、ありがとうございます。

 

 

リバーエレテックの今後の株価予想

コロプラに引き続きリバーエレテックの今後の株価を予想します。

 

リバーエレテックは、JQに上場している時価総額約35憶の会社です。

株価は現在455円で推移しております。

水晶振動子などの電子部品を作っている会社のようです。

この部品が5Gの技術に必須のようで、最近株価も上昇しておりますね。

業績は赤字が続いておりましたが、5G関連の部品の伸びによって2020年

は黒字転換を見込んでいるようです。

 

さてテクニカル分析のほうです。

実際に昨日金曜日に自分がトレードしてみた経験も交えながら記載していきます。

 

実は火曜日のブレイク時に、成行にて打診買いを入れ、翌水曜に売って

一度利益確定をしていました。

エントリーはブレイクでの成買ですので、いいタイミングでトレードできました。

ただ売ってからは監視を外してしまっていたので、気づいたのは

金曜の後場になってからでした。

 

水曜から3本の陰線が続きました。

水曜に寄付きが高いながらも、3本連続の陰線が続き

金曜の寄付きが高く陽線で終わる。

これは、押さえ込み線というようです。

前の記事でも書きましたが、この押さえ込み線はけっこう目撃しています。

環境管理センター、アクセルマークなどなどです。

直近ではインタートレードでも見ましたね。

 

この形が出ると非常に強い。

金曜の後場にこの形になると認識しました。

しかし気付いたのがストップ高付近。。。

急いでストップ高で購入しました。

 

しかし、、、

そこから急に下落が!

3連休前の金曜という日は、おおむねリスク回避の観点から

株価を手仕舞いしたいという人が多く市場は下げがちです。

ストップ高から剥がれ、そこから一気に損失へというのはよくある

話です。

 

今回も、わりとロットを多めに入れていたので

下げの恐怖との闘いでした。

しかしながら、株価は430円付近で下げ止まり、ここから

再度上昇を見せます。

結果として、引けに成行で7万4千株でストップ高を張り付けて

きました。

予想通りの展開でした。

そして出来高は870万株の大商い。

 

さて翌週の火曜日ですが

チャート形状としてはブレイクからの初押し。

出来高十分。大口も入っていると予想。

寄付きが高く始まり、多少の売りを吸収した後

500円の抵抗線を再度ブレイクして上昇。

というシナリオを描いております。

 

過去の月足をみると、定期的に出来高を伴った

上昇を見せております。

だいたい月足の最初から500円ほどの上昇を伴っています。

ですので今回は250円くらいがスタートなので

600円から700円くらいにはなると予想しております。

 

ただ株価に絶対はなく、あくまで予想ですので悪しからず。

低位株は低位株たらしめる理由があるので、大化けというのはあまり

想像できませんが、値幅をとるという観点ではいいのではないでしょうか。

 

それでは、皆様に爆益ありますように。

コロプラの今後の株価予想

本日は土曜日。台風皆様大丈夫でしょうか。

さて、ホールドしているコロプラの今後の株価について考察します。

 

コロプラとは、スマホゲームが収益源の東証一部上場のゲーム会社です。

時価総額は約2000億円と新興市場をメインとしている自分にはかなり高い

部類に入ります。

 

9月中旬に発売となった、『ドラクエウォーク』が最近話題です。

Twitterをみているとかなり人気になっていることがうかがえます。

このドラクエウォークが話題になり始めるとともに株価は急上昇。

700円程度だった株価は、一時2000円付近にまで上がりました。

 

というのも、ドラクエウォークのセールスランキングが1位に張り付いていたから。

コロプラスクエニの収益の取り分がいくらかという点が掲示板では

話題に上がっておりましたが、このセールスランキングと話題性から

今後のコロプラの収益は大幅に上がると予想します。

 

株価は将来を織り込んで推移するとよく言われます。

ドラクエウォークがまだこれから一般の方々に浸透していくと考えると

まだまだ初動ではないでしょうか。

 

自分はテクニカル分析を中心としており、ファンダメンタル分析はあまり

しないのですが、最近ではファンダメンタルも考察すべきと思っています。

 

テクニカル的にいえば、1000円のブレイクでエントリーポイントとなり得ました。

そして現在はブレイクからの押し目を形成していると考えます。

信用取引の過熱を防ぐために増増担という状況になっているため、出来高

少ないのですが、その割には落ちてきません。

押し目買いをしようとする方もじれったいのではないでしょうか。

直近で1500円を下値にしてじりじりと調整をこなしております。

 

この調整をもうしばらくこなし、直近高値の1930円を奪回すれば

大相場の継続となります。

週足で見ても月足で見ても過去に類を見ない出来高となっていますね。

日柄を見ても大相場を過去に作ったのは2014年と5年前ですので溜めは十分かと。

 

ゲームセクターはゲームがハマれば一気に上昇していくので、コロプラ

ドラクエウォークで一気に上昇してくれると想像しています。

自分は1700円台と1500円台で持っておりますので、いましばらくホールド

していきます。

 

空売りするための貸株があまりないという情報もあります。

ドラクエウォークだけでなく、ほかのアプリもあり期待できるコロプラ

新高値を形成し、上昇していくでしょう。

後は増増担が解除されれば言うことないですが、まだ先になりそうです。

 

以上、コロプラの考察でした。

持っている人はホールド、持ってない人は調整終わりで買い。

これでいいのではないでしょうか。

あくまで予想ですので、悪しからず。

 

それでは皆様に爆益がありますように。

 

本日の振り返り

今日は新興市場の地合いが微妙でしたね。

自分はノートレのつもりでしたが、OSGコーポを買って利確。

そして引けでリバーエレテックを買って終わりました。

今週損益は前週末比で約1.8万円です。

少ないですが、プラスです。

このまま来週も頑張ります。

 

さて、引けで買ったリバーエレテックです。

ブレイクからの初押しでのストップ高となりました。

このチャートパターンはよく見る形です。

過去にはアクセルマークや環境管理など多くのチャートで類似が見られます。

自分のエントリールールであるブレイクからの初押しにも当てはまります。

ストップ高価格で大きく買いましたが、途中ふるい落としがありました。

三連休前なので、ふるい落としの恐怖はありましたがチャート形状みて引けはストップ高になると思い我慢しました。

結果的に引けにストップ高まで買われました。

ここで確認したいのが出来高です。本日も出来高が急増しております。

この出来高の急増が怪しい。。。

誰かが集めているとしか思えない出来高です。

ここからは想像ですが、ここを買った誰かはこんな価格では売らないと思いますので来週以降も上昇していくと考えます。

 

とまあ希望的観測も書きましたが、今後に期待できる銘柄でした。

来週も頑張ります。

皆様に爆益ありますように。

10月11日 監視銘柄

今日は散々でした。。。

ビート200円で逆指値していたらしょっぱなで切られて上に上がっていきました。。。

まだまだ未熟です。

単純な逆指値はしたらよくないですね。反省します。

その後も持ち株を損切して大きくマイナスしてしまいました。

コロプラ追加して明日はノートレで臨みます。

 

さて明日はノートレですが、監視銘柄です。

地合い悪いのでいいチャートが少ないです。

ヨータイとニッカトーを監視します。

 

明日も地合い悪そうなのでノートレが吉ですね。

明日も皆様に爆益がありますように。

10月10日 監視銘柄

本日は、ビートに乗りホールドしております。

PTSが見えないので怪しいところではありますが。

今日は電柱関連が強かったですね。イトーヨーギョーとか。

 

さて、明日の監視銘柄です。

ピーバンドットコム、コスモスイニシア、ジオスターです。

ノーベル賞関連も一瞬はねそうですが、続かないと思うのでスルーします。

REIT関連が上がってるので、不動産系がくるかもしれませんね。

なのでコスモスイニシアは要チェックです。

 

皆様に爆益がありますように。